FC2ブログ

ついに日経のエネルギー線が売り転換!(続)

◎≪昨日の米国市場(10/28)≫

 NYダウ   : 9762$ (▲120$)
 ナスダック : 2059P (▲ 57P)
 CME : 9880円 (▲270円)
 
◎≪今日の日本市場(10/29)≫

 日経平均  : 9891円 (▲184円)
 225先物   : 9880円 (▲200円)
 TOPIX    : 882P (▲ 2P)
 ドル円   : 90.68円 (▲0.47円)

◎≪相場結果(10/29)≫

今日も米国市場が大幅安となったため、日経もまとまった
売りが出たようです。今日の相場はナスダックが大きく
下落したことが大きく影響していると考えています。
明日は月足が決まります。大引が10133円を超えてこな
ければ、マイナス継続ですから11月相場は売られること
になると考えればよいでしょう。
明日は月末特有のドレッシング買いがどこまで入る
のかが注目でしょう。明日のポイントは月足です。
興味深く観察いたしましょう。
スポンサーサイト



ついに日経のエネルギー線が売り転換!

◎≪昨日の米国市場(10/27)≫

 NYダウ   : 9882$ (+15$)
 ナスダック : 2116P (▲25P)
 CME :10150円 (▲95円)
 
◎≪今日の日本市場(10/28)≫

 日経平均  :10075円 (▲137円)
 225先物   :10080円 (▲170円)
 TOPIX    : 888P (▲ 7P)
 ドル円   : 91.13円 (▲0.90円)

◎≪相場結果(10/28)≫

今日はNYダウの株価は連日の下落から調整した
動きでしたが、ナスダックは調整入りの継続となり
ました。また、今日は為替が円高傾向に向かった
ため、日経はMA25線(10125円)を大引で割ってきた
ことが注目です。ついに下振れがスタートしたと
いうことになります。週末は週足ですが、月足でも
あります。この月足がマイナスとなるのかが今後の
株価の展開を左右するでしょう。
先物は売りサインが点灯しましたので、明日以降の
売りが継続するのかを見極めましょう。

明日の日経平均は正念場!

◎≪昨日の米国市場(10/23)≫

 NYダウ   : 9972$ (▲109$)
 ナスダック : 2154P (▲ 10P)
 CME :10240円
 
◎≪今日の日本市場(10/26)≫

 日経平均  :10362円 (+80円)
 225先物   :10360円 (+70円)
 TOPIX    : 910P (+ 8P)
 ドル円   : 91.83円 (▲0.01円)

◎≪相場結果(10/26)≫

今日は週末の米国市場が大幅安となったことから
安くスタートしたが、相場は強しで反発しました。
NYダウの下げが絶好の押しとなって相場は反発しました。
高値は先物は10410円、日経は10397円です。
為替も円安の傾向ですから株価も上昇し易い展開
となるでしょう。注目は明日以降に日経の高値で
ある10566円を超えてくるかです。超えてくれは、1
10767円を超える相場展開となりましょう。
但し、超えなければ、戻り高値からは押し目調整入り
となるでしょう。

日経平均 月足陰線ならば18週ボトム取りヘ!

◎≪昨日の米国市場(10/22)≫

 NYダウ   :10081$  (+132$)
 ナスダック : 2165P (+ 15P)
 
◎≪今日の日本市場(10/23)≫

 日経平均  :10282円 (+15円)
 225先物   :10290円 (+20円)
 TOPIX    : 907P (▲6P)
 ドル円   : 91.84円 (+0.43円)

◎≪相場結果(10/23)≫

週末相場は米国市場が大幅高となったため、日経も高値を
10364円まで更新しましたが、上値は重い展開です。
週末のTOPIXはMA25線(905P)を割り込む陰線で引けています
ので、次週以降の展開は調整の動きでしょう。

ただ、為替が円安転換している関係上、日経も大きな下落は
考えにくいですが、次週の月末相場の展開しだいでは日経も
本格調整入りとなるとみています。

日経平均は持合相場へ移行!(続)

◎≪昨日の米国市場(10/21)≫

 NYダウ   : 9949$ (▲92$)
 ナスダック : 2150P (▲13P)
 CME :10255円 (▲60P)
 
◎≪今日の日本市場(10/22)≫

 日経平均  :10267円 (▲68円)
 225先物   :10270円 (▲60円)
 TOPIX    : 908P (▲ 5P)
 ドル円   : 91.41円 (+0.73円)

◎≪相場結果(10/22)≫

今日の相場は米国市場がまとまった下落となり、
日経も下落しました。先物では10240円割れとなり
売りサインが点灯しました。明日から調整入りだと
考えています。日経では10159円割れとなれば、押し目
調整入りのサインです。目先の相場は11/13週の18週
サイクルボトムに向けての調整入りの考え方は変えて
いません。今夜に米国市場が下落すれば、相場はその
方向に向けて軌道修正していくと予想いたします。
現在の相場が崩れないのは、為替が円安になっている
からでしょう。再度、円高に移行して90円割れとなれば
日経は大幅調整を余儀なくされるでしょう。

日経平均は持合相場へ移行!

◎≪昨日の米国市場(10/20)≫

 NYダウ   :10041$ (▲51$)
 ナスダック : 2163P (▲13P)
 CME :10315円 (+20P)
 
◎≪今日の日本市場(10/21)≫

 日経平均  :10333円 (▲3円)
 225先物   :10330円 (±0円)
 TOPIX    : 913P (±0P)
 ドル円   : 90.68円 (+0.38円)

◎≪相場結果(10/21)≫

今日は米国市場が下落したので日本も調整するはずが
大きな下げもなく終えた。どうも買い安心の心理が
市場には広がっているようだ!
為替も90円の大台をキープしていることからも大きな
株価の調整もないと考えます。
株価の上値は重いですが、大きな調整も起こらない
相場、いわゆる持合相場に移行するとみています。

上値は重いが下げない日経平均!

◎≪昨日の米国市場(10/19)≫

 NYダウ   :10093$ (+97$)
 ナスダック : 2176P (+20P)
 CME :10295円 (+90P)
 
◎≪今日の日本市場(10/20)≫

 日経平均  :10336円 (+100円)
 225先物   :10370円 (+80円)
 TOPIX    : 913P (+ 8P)
 ドル円   : 90.30円 (▲0.29円)

◎≪相場結果(10/20)≫

今日は米国市場が強気の上昇となり、CMEが10295円と高く
なったことからも日経も株価が上昇しました。
上値は重いながらも株価は下げない、買い安心感があるので
しょうか。私は9628円からの戻りはかなり無理をしている
ように思えてなりません。このような相場ならば先物の
デイトレでもした方が賢い選択でしょう。
このような相場はオプション買いは駄目です。
為替も90円台をキープしていますので大きな下落はないと
みています。この先、日経が大きく下落するのは米国が
大幅に下げる相場に移行する以外にないでしょう。
今のような相場は押し目は買い場です。

日経はTOPIXの動きが暗示している!

◎≪昨日の米国市場(10/16)≫

 NYダウ   : 9995$ (▲67$)
 ナスダック : 2156P (▲16P)
 CME :10205円
 
◎≪今日の日本市場(10/19)≫

 日経平均  :10236円 (▲21円)
 225先物   :10250円 (▲20円)
 TOPIX    : 905P (+ 5P)
 ドル円   : 90.59円 (▲0.59円)

◎≪相場結果(10/19)≫

今日は週末の米国市場がマイナスに引けたので寄りから安く
始まった。結果として先物が10180円割れとなり、売りサイン
点灯となりましたが、後半、戻して引けました。
相場としては弱くないです。為替も90円を超えていますので
明日に期待しましょう。また、未だにTOPIXがMA25線(911P)を
超えてきません。明日以降はこれを超えてくるのかを見極め
ましょう。

日経平均!目先は9500円割れを目指す!

本日の相場は結果は以下の通りです。

◎≪昨日の米国市場(10/2)≫

 NYダウ   :9487$ (▲21$)
 ナスダック :2048P (▲ 2P)
 CME :9725円 (▲120円)
 
◎≪今日の日本市場(10/5)≫

 日経平均  :9674円 (▲57円)
 225先物   :9680円 (▲50円)
 TOPIX    : 867P (▲ 7P)
 ドル円   : 89.82円(+0.46円)

◎≪相場結果(10/5)≫

今日の相場は日経の完全な売りサインが点灯した中での注目の相場でしたが、小幅ながらにしても下落しました。騰落レシオも63.74Pまで下落しており、一般のテクニカル指標は売られ過ぎの指標となっていることからもいつ反発してもおかしくないのですが、チャートの形は売りは継続中となります。今夜の米国市場が下げることになれば、引き続き日経は下値更新となるでしょう。今週はSQ週です。明日以降の展開には十分に注意すべきでしょう。

明日は先物が9740円買いとなるかが注目です。これを超えられなければ、明日も下値を更新する動きになるでしょう。超えてくれば、先物での戻りは最大で9,840円まで可能性があります。









SQ週の日経は9000円割れの可能性もあります!

2009.3.10の7021円の安値が3年サイクルボトムとなり、そこから株価が大反転しましたが、9月の月足は10133円と▲359円となり、陰線となりました。米国市場が陽線をキープしたのに対し、日経は8/31の10767の高値を超えることなく持ち合い相場を下に放れて失速していきました。
これで、月足は陰線、チャートは暴落法則出現、今週の週足も▲534円と暴落暗示です。
次週のSQ週の展開しだいでは7/13の安値(9050円)を割り込むことも十分考えられます。今週は為替が週初めの89円割れから戻した影響もあり、安値更新となりませんでしたが、次週のSQ週に87.15円を割り込みますと日経は7/13の9050円を目指す展開となるでしょう。
故に、次週以降、日経は7/13の9050円を割り込みますと7/10週からスタートした18週サイクルのトップは8/31の10767円であることになります。SQ週は売りで儲けるチャンスとなるか?さあ!次週も頑張りましょう!

お気に入りに追加

日経平均株価

by 株価チャート「ストチャ」

日経平均先物

by 株価チャート「ストチャ」

TOPIX

by 株価チャート「ストチャ」

株式市場(リアル)

リンク

QRコード

QRコード

プロフィール(K氏とは?)

無料マガジン

今すぐ登録(無料ですよ!)

サラリーマン投資家のK氏が今週の相場データを独自に分析して次週の日経平均予想をする週刊の無料メルマガです!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

Copyright © インベスターくまさん